« 最近はまっていること | トップページ | 動物愛護週間 »

永眠

9月17日早朝6時23分自宅の電話が鳴った・・「さっちゃんが今朝息を引き取ったよ」

実家からの電話だった。さっちゃんは以前ブログで紹介させてもらった17歳の飼い犬の事です。さっちゃんは友達のつとめていたペットショップからブリーディングの卒業を期に私が引き取った5歳のオスのカニヘンダックスでした。当時はまだとっても元気ななつっこいワンコで家族みんなで大事に飼っていました。あれから12年、17歳になったさっチャンは年齢とともに衰弱していきました。去年、私の結婚を期に環境の変化についていくのは高年齢のさっちゃんにとっては大変だからと両親にいわれ、やむ終えず実家の両親の元においてもらう事になりました。そのさっちゃんが今日、みんなに見取られ永眠したのです。老衰だした。

私は実家に向かいました。

200608242025000

まだ生きている時のさっちゃんですが、ほとんど寝たきりでした。

さっチャンは、「3日ほど前から何も食べれなくなってね・・・昨日の夜中はずーと泣きっぱなしだったんだよ」と祖母が言いました。苦しかったのかな?それとも自分で「死」がわかったのかな・・・色々考えました。涙がとまりませんでした。

でも常に一緒にいた祖母は「そろそろ楽にしてあげたかったから大往生だったし、さっちゃんはよく頑張ったよ」と寂しそうながらも、悔いは残っていないといった感じに言ってました。

死の直前に3回程「くぅ~、くぅ~」と言って口をあけて舌をまるめて安らかに永眠したと聞きました。

普段ほとんど家にいる事の少ない父はさっちゃんの事をとっても可愛がっていました。その父がたまたま家にいて見取る事が出来たのは、さっちゃんが父の帰りを待って逝ったように思えてなりません。父の手で自宅の庭に穴を掘り、兄がさっちゃんのお墓の札を木で作って、そして家族みんなで少しずつ土でさっちゃんを埋めました。線香と花を沿えみんなで手を合わせ冥福をいのりました。さっちゃん、今までよくがんがったね。そして有難う

安らかに眠ってね・・・

« 最近はまっていること | トップページ | 動物愛護週間 »

コメント

こんばんは。
さっちゃん、家族に看取られて幸せでしたね。
17歳、精一杯生きて、大事にしてくれる家族と出会えて、良かったね。
天国でもみんなを見守ってくれてるはずですね。

投稿: HANA☆ | 2006年9月20日 (水) 21時23分

生き物とのお別れはとても辛いものですね。
でも、さっちゃんはUsagiさんの実家で生きることが出来て
とても幸せでしたね。

投稿: ももちゃん | 2006年9月18日 (月) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132834/3475599

この記事へのトラックバック一覧です: 永眠:

« 最近はまっていること | トップページ | 動物愛護週間 »